シクラメンのかおり

四季の花や風景を興味を持って写真を撮っていきたいと思っています

京都鴨川の水鳥と植物園の紅葉1

鳥1

京都府立植物園に入る前に鴨川ヘリを歩きました。


鳥2


鳥3


鳥4


鳥5


鳥6


0071

おだやかな鴨川の流れです。これから植物園に入ります。


86

表門を入った所に大きいイチョウの木があります。


89

大きい紅葉の木です。葉はだいぶ散っているようです。


99

この木も樹齢古そうな大きい木です。


103

もみじ谷に来ました。一面真っ赤です。後は次回に回します。16.11.28.撮影
  1. 2016/12/05(月) 21:33:59|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

名勝 渉成園  (枳殻邸) 2.& 東本願寺

1088


傍花閣  園林堂(持仏堂)の東方、山門にあたる位置に建てられています。庭園内には珍しい楼門造りで、左右 側面に山廊と呼ばれる階段の入口があり、階上には四畳半の部屋を設けている。



1089

二階は、花見の望楼も兼ねている、


1037

碧玉(へきぎょく)の石撞  石撞というのは石灯篭と違って、笠の部分に蕨手(わらびて)と呼ばれる装飾がついてなく、 竿に節がないなどの特徴がある。


1024

ここにもウメモドキ?の紅い実が。


1045

回悼廊(かいとうろう)を渡り終わって


1014

臥龍堂 (南大島)


1049


987

ろう(漢字、門構えに良)風亭 殿舎の南端の大広間。軒を深く差出、規模の大きな建物を穏やかな姿にしています。


975

最後にもう一度侵雪橋

おまけ 東本願寺に寄りました。


1147

東本願寺御影堂門  知恩院、南禅寺の門と並ぶ京都三大門のひとつ。明治44年に再建。高さ28m、幅約31m、奥行き約13m。(内より撮りました。)


1130

御影堂門前の大噴水 ハスの花を象った噴水は、明治から昭和初期に活躍した画家.竹内栖鳳の図案を基に大正時代にb造られ、戦後に再建された。


1136

門を入る前。正面に京都タワーが見えます。


1137

門から見る御影堂 御影堂の総面積は、876坪で、こくないに現存する仏堂では最大。二層の屋根に葺かれた瓦の総数は約17万5千枚にも及ぶ。


1141

御影堂  横幅は約76m。同を支える柱は大小数万本に及ぶという。


1145

手水舎  境内のほぼ中央にある。手水舎には、仏法を守護する龍の彫刻が。


1157


1160

堀割 境内の周囲には、西側と南側のいちぶを除き、琵琶湖疎水の水を引き込んだ堀がめぐらされています。


1162

久しぶりに東本願寺詣でです。一年で最も賑わうのが、親鸞聖人の祥月命日、 11月28日までの8日の間に営まれる 「報恩講」「南無阿弥陀仏」多くの門徒宗。合掌
  1. 2016/10/16(日) 21:46:25|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

名勝 渉成園 (枳殻邸) 1.

1100

台風一過で9月7日久しぶりに 好天気に恵まれました。京都東本願寺別邸の名勝 渉成園 枳殻邸(きこく邸)の池の景色です。


1124

東本願寺から仏具店や、法衣店が並ぶ通りを東に歩いて突き当りに 入園口(西門)です。右側に受付があります。


929

かつて、東本願寺の歴代宗主が隠居所としていた渉成園。緑深き庭園は、枳穀(からたち)の生垣に囲まれていたため、 枳殻邸とも呼ばれます。


933


.高石垣  江戸期の大火で焼け残った石臼や堂宇の礎石などを使って、明治期に築かれた。西門を入って正面に先ず目が付きます。



934

高石垣 2.


935

高石垣  3.


940

名残の萩が咲いています。


942

ムクゲの花の出迎え


943


庭園の入口です。



944

庭園口の門を入ります。
958

約一万坪の敷地にでます。背の高い木もあります。


962

木の葉が秋色になりかけています。


968

敷地の約六分の一を占める「印月池」 に架かる丸い橋「侵雪橋(しんせつきょう」が見えます。


975


印月池の西側に架かる木造の反り橋。初夏には花菖蒲が見られる



971

この季節は紫式部が多く見られます。


977

回悼廊(かいとうろう)と呼ばれる木の橋。


1045

北大島と丹楓渓とを結ぶ木橋です。以前は朱塗りの欄干だったが、安政の大火で焼失。現在は檜皮葺きの屋根を持つ橋になっている。中央の唐派風屋根の天井部には、掛け釘が設けられ、かつては夜半の来客の折り、近灯篭を吊って日を灯しました。


907

印月池の向い側を撮影します。臥龍堂(南大島)


1014

印月池は渉成園の中心になる広い園池です。広さは1700坪。「池泉回遊式庭園」です。


1021

真っ赤な実はウメモドキの実です。山小屋さんに教えて頂きました。


1027

源融(とおる)ゆかりの塔。左大臣源融は、嵯峨天皇の皇子でしたが、源の姓を賜って臣籍に下りました。この塔は、源融の供養塔と言われている九重の石塔。宇治にある塔の島の景色を写したともいわれているようです。


1028


996

印月池の西南に位置し、水上に乗り出すように建てられている「漱沈居(そうちんきょ)」。四畳半に三畳敷きの続く座敷と土間からなり、三畳の東には、左右に手すり付きの縁がある。続きは次回に。
  1. 2016/10/09(日) 18:38:16|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

秋の平安神宮を訪ねて 1.南神苑.西神苑.中神苑。

583

久しぶりに平安神宮を訪れました。大鳥居です。この鳥居は遠くから目立ちます。高さは、24m。大人七人が手をつなぎやっと届きます。朱塗りは魔除け


466

応天門 平安京の大内裏の入口朝堂院の応天門を摸した二層からなる楼門です。祭神は平安遷都をした桓武天皇。


472

南神苑 八重紅枝垂れ桜が美しい苑ですがこの季節ハギが咲いています。


475

ハギ


480

オミナエシ


482

白いハギ


486

シオン


494

フジバカマ


498

満開の紅いハギ


485

南神苑には、日本最古の電車であるチンチン電車が置かれています。いつも写真を撮っていますがアップは初めてです。運行が廃止された年に平安神宮に運び込まれ観賞用となりました。


500

西神苑  六月2000株の花菖蒲の名所。池には夏からスイレンが咲いています。


502

朝が早いともっとたくさん咲いているそうです。


DSC00504.jpg

5012

ピンクのスイレンは可愛いです。平安神宮では、6月と9月に無料の一般公開があります。19日敬老の日。今日は本当に人が空いています。


531

600円の入場料もこのように静かに観賞できると高いとは思えません。


529

中神苑  西神苑と同じく平安神宮創建時に作庭されたもので、ここもスイレンが咲いています。


533

臥龍橋  龍が臥す姿を象り臥龍橋と名付けられた。神苑作庭者第七代小川治平衛氏が手掛けたもの。


537

平安神宮でここだけ休憩所。今日は誰もお客さんがいなかったので、抹茶、あずきクリームの入った氷を頂く。写真を撮るのを忘れて頂きました。目の前のスイレン池、を眺めながら休憩させて頂いた。最高でした。 16.9.16.撮影 次回に続く
  1. 2016/09/16(金) 18:25:51|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

桂離宮を訪ねて 3. 御殿 .月波楼

401

笑意軒から桂離宮の中核をなす書院の御殿群へ。御殿の前から見た風景


390

園林堂の前を通る。賞花亭と園林堂がある一帯は中島とは思えないが、大山島と名のある桂離宮の庭園で一番大きな島だそうです。


394

桂離宮の中核をなす御殿。書院と言われることもある。


395

桂離宮での回遊式庭園巡りは、日本文化を見直す旅とも言われる。


397

飛び石を歩いて行くと御殿の玄関に着けます。


398

i築造年代が異なる古書院、中書院、楽器の間、新御殿が雁行して並ぶ。





月波楼の内部


405



406


409


410


412

月波楼全体を舟底天井と言う化粧屋ね裏が覆っている。よしずを並べた野地を竹木舞で押さえ、中央を曲木の束一本で支えている。


415

天井があるのは、一の間だけです。


417

中門がある


DSC00418.jpg


419

中門を入ると斜め前方に向けて「真の飛び石」と言われて有名な石畳が御車寄に伸びている。石段を四段上がると、白川石の大きな沓脱がある。「六つの沓脱」と言われる。


421


428

桂垣と衝立松 


436

此処で参観は終わりで門を出ます。


438
門は締まりました。


448

穂垣 真竹の穂を斜めと横に蜜に着せ、半割りにして先を剣造りにした真竹を33センチ間隔に立て並べて押さえ縄で化粧結びをしている。 Bbr>
今年は初めて修学院離宮と桂離宮の参観をしました。一度では中々わかりません。時間は短いので 大変でした。16.8.31.撮影
  1. 2016/09/10(土) 12:36:14|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
前のページ 次のページ

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
風景 (164)
花 (233)
旅行 (69)
紅葉 (73)
その他 (8)
行事 (33)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR