シクラメンのかおり

四季の花や風景を興味を持って写真を撮っていきたいと思っています

17年 祇園祭り 後祭り

橋弁慶1

7月24日の後祭りです。前祭りの同じ場所で見ることに。後祭りは10基で、橋弁慶山を先頭に。祭りは反対周りです。


橋弁慶2

五条大橋で、弁慶と刀を交える牛若丸。橋の擬宝珠に足駄の前歯だけで立つ名場面を再現している。


橋弁慶3

古来くじ取らずで、後祭りの銭湯を行く。


北観音1

次は北観音山


北観音2

町文 書に1355年(文和2年)の創建と伝える曳山で、楊柳観音と韋駄天を祀る。


北観音3

天水引は雲竜図と金地唐草を隔年で使用する。


鯉山1

次は鯉山です。竜門の滝を登り切った鯉は、竜になると言う中国の登竜門伝説に


鯉山3

左甚五郎作と伝わる鯉は、立身出世を象徴。


鯉山2

16世紀ベルギー作のタベストリーは、国の重要文化財。


役行者1

次は、役(えん)の行者山


役行者2

役行者が、一言主尊(ひとことぬしのみこと)を使い葛城と大峰の間に橋を架けたと言う故事にちなむ。


役行者3

修験道の祖。役行者、一言主尊、葛城神と三体のご神体を安置。


八幡1,br>
八幡山 地元三条町に祭られる八幡宮を勧請して巡行する。


八幡2

左甚五郎作と言われる木彫りの鳩が鳥居で向かい合い、夫婦円満のしるしとされる。
八幡3

社殿は総金箔で豪華そのもの。


南観音1

次は、南観音山。本尊は楊柳観音座像と脇侍の善財童子。


南観音2

山の後部の柳の太枝は、疫病を防ぐと言われる。


鈴鹿1

鈴鹿山 大長刀と忠敬を手に鈴鹿峠の悪鬼を退治した瀬織津姫命がご神体で等身大の女人の姿でご神面をつけている。


鈴鹿3
真松には、山鉾で唯一絵馬が付けられ、盗難よけの護符として珍重されている。


浄妙1

浄妙山  「平家物語」の合戦の一場面を大胆に活写。一来法師が筒井浄妙に先んじようとする一瞬が自然木を使った人形で見事に表現される。


浄妙2

橋げたに突きささる矢まで生々しい。


黒主1

黒主山  謡曲「志賀」にちなむ。大伴黒主が大きく反って志賀の山桜を仰ぐ姿を再現。


黒主2

ちまきに桜を添え、欄縁の飾り金具には、桜、椿、紅葉、菊が彫られる。


大船鉾1

後祭りの最後は、大船鉾。神宮皇后が凱旋した船に由来する船型の鉾。


大船鉾2

幕末に焼失したが、三年前、150年振りに巡行復帰した。 今回は、前祭り、後祭り共、全部撮影できました。この後花笠道中が通ります。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/29(土) 16:28:36|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
次のページ

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (55)
風景 (168)
花 (246)
旅行 (76)
紅葉 (73)
その他 (8)
行事 (37)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR