シクラメンのかおり

四季の花や風景を興味を持って写真を撮っていきたいと思っています

高知の旅  6. 五台山公園. 竹林寺(完)

展望1

高知駅から車で15分。五台山公園の展望台から見た風景。標高146m


展望3

中国の五台山に似ているところから、名付けられた。山頂展望台からは高知市街が一望できる。250度のパノラマ風景は圧巻です。


展望6-2


五台2

五台山公園は桜やツツジの名所でもあります。


五台3


五台1

南国土佐を 後にして  ペギー葉山の歌の碑


竹林1

隣接して竹林寺や牧野しょくぶつ円が有名です。竹林寺の五重塔。


竹林3

竹林寺は、五台山にある寺院で四国88ヶ所31番


竹林4

タクシーの運転手さんに案内してもらいました。ここは苔が有名だそうです。二泊三日の旅は有意義で楽しかった。おてんきにも恵まれました。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/18(日) 20:52:46|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

高知の旅 4.高知市内観光 はりまや橋.桂浜ほか

橋1

はりまや橋

高知駅から徒歩でも10分  はりまや橋公園には、昔の姿を復元した朱塗りの太鼓橋がかかり、 僧の純信とお馬の恋物語で有名なはりまや橋です。

橋2



橋3

東京の学生さん。八十八札所巡りをしている。了解いただく


橋4


橋5


橋6

桂 浜


桂1-2

高知駅から車で30分。雄大な太平洋に面した景勝地桂浜は、月の名所としても有名らしい。今日は晴天なので海がきれいです。


片ら1

桂浜の上に建つ坂本龍馬像 袴にブーツ姿、懐手で、太平洋を眺める姿は壮大です。この画像は菜桜様にお借りしました。


桂2


桂3


桂4


桂7
円形の建物は国民宿舎桂浜荘。四国の覇者.長曾我部 元親の 浦戸城跡に建つ。全客室から海が眺められ、展望風呂が楽しめる。予約がずっとつまっているようです。


市電

高知の路面電車  市民の足として親しまれています。とさ電交通の路面電車は、現存する中でもっとも歴史のあるもの。軌道線のみの距離は日本一。


龍馬1

明治100年碑


龍馬2


龍馬他

三志士像  J R 高知駅南口のランドマーク。土佐勤王党の三志士。左から 武市 半平太.坂本 龍馬.中岡 慎太郎がこうち旅広場に集結

この画像はニコンB700デジカメで初めて撮影。ソニーカメラは旅から帰ってヨドバシカメラに入院 2週間ほどすれば修理費がいくらか知らせがあるようです。17.5.28.撮影
  1. 2017/06/10(土) 21:58:05|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

高知の旅 3.寄り道(中岡慎太郎.岩崎弥太郎生家)

中1

モネの庭 の入口にタクシーで迎えに来てもらい、ちょっと寄り道で同じ北川村の中岡慎太郎の生家へ。


中2

安芸群北川郷(現.北川村)出身で、庄屋の生まれ。参加した土佐勤皇等の弾圧が始まってからは、脱藩して国事に 奔走。京都の近江やで龍馬っと共に刺客の手に倒れた。


中3

緑深き田舎です。


中4

紅いはなはサルビアで昨日までイベントで花で中岡慎太郎の飾りを作っていた。良かったらサルビアの花全部でもあげますとのことで驚きました。


中5


中6


naka 7

茅葺屋根がそのまま残っています。


naka 8


naka 10


中11

タクシーで再び奈半利駅へ。電車で安芸に向かいます。


安芸1

安芸駅に着きました。一両のワンマンカーです。


安芸2

安芸は阪神タイガースの二軍のキャンプ地とのこと。


安芸3

再度タクシーを呼び今度は岩崎弥太郎の生家へ寄り道します。


安芸4

大志を抱いて幼少期を過ごす。土佐藩参政.吉田東洋に仕えて飛躍が始まり、官吏を経て、後の三菱グループの創業者となる。


安芸5


安芸6


安芸7

岩崎 弥太郎の生家。茅葺屋根のまま。テレビで見ていた時もっと貧しい家かと思っていました。


安芸9

駅へ帰る前に運転手さんがもう一つ寄り道を
安芸12


安芸14

野良時計 安芸市内の田園地帯に佇む時計台。地主の畑中源馬が独学で、自作したと言われる 時計を持たない当時の人々に大いに役にたった。現在も安芸市のシンボルとして親しまれている。17.5.29.撮影

次回は行った日(28日)高知市内をアップします。先日明治村に行った時、ソニーのカメラを落としました。修理に出せば入院なので、モネの庭の日はソニーのカメラこわれたままのです。次回の画像は又買ってしまったニコンB700 のカメラです。
  1. 2017/06/08(木) 21:54:30|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

高知の旅 2.モネの庭 の 花の庭

花1

ここはモネの庭の「花の庭」です。花アーチの上の建物は、モネが暮らした家をモチーフにした「カフエモネの家」です。


6021

地元食材を活かした季節のメニューやドリンク、焼きたての香ばしい手作りのパンもあります。


6024

今日のお昼はここで頂きます。人が多いので名前を書いて順番を待ちます。


6023

屋外で頂くことも出来ます。私たちは軽食を頂きました。





花2

食後 このアーチを潜り「花の庭」を撮影しました。本当に種類が多く、抜粋してアップします。


花3

ユリ


花4

アジサイ



花5


花6


花7


花8


花9


花10


花11


花12


花13

様々な色彩で彩られた花の庭、四季折々で違った庭が見られます。この後、ごめん.なはり線とタクシーで中岡慎太郎像や生家、安芸市に行き、岩崎弥太郎氏の実家などに寄り道します。17.5.29.撮影
  1. 2017/06/06(火) 17:51:42|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

高知の旅 1.モネの庭 北川村

モネ 6

5月28日(日)~二泊三日高知の旅をしました。いつもの仲良し三人旅です。一番行きたかったのは、 ↑の画像の「モネの庭」です。順序は違いますが、二日目に行きました。


モネ1

今回青いスイレンを探しましたが、見ることが出来なかった。


モネ2

高知県の北川村にある「北川村モネの庭 マルモッタン」は、印象派画家のクロード.モネが愛した庭を再現し、モネの庭の名を冠した世界に二つしかない庭園だそうです。高知から、土佐くろしお鉄道 ごめん なはり線急行で 奈半利駅下車。今からタクシーで10分ほどです。


モネ3

モネの庭前で下車。ここは、スイレンの「水の庭と「花の庭」があります。先ず「水の庭」方へ歩きます。


モネ4

長い石段がありますが、坂道ですね、スロープの道を花の写真を撮りながら行きます。


5877


5885


5898 >


モネ7

池の周りをぐるりと歩くことが出来ます。


モネ9

北川村のスタッフは、クロードモネ財団が運営するジヴエルニーの「モネの庭」に何度も足を運び、交流を深め、熱意を伝えたそうです。


モネ10

平成11年にフランス国外で唯一「モネの庭」を名乗ることを許されたそうです。翌年、「北川村 モネの庭 マルモッタン」が誕生しました。


モネ11

約3000株もの可憐なスイレンが咲き誇ります。


モネ6

浮世絵の影響を受けて設けた太鼓橋。


モネ16


モネ20

モネがこだわったのは、光と影、スイレンの葉の配置や形とのこと。


モネ21

私は京都の比叡山の「ガーデンミュージアム」にもこれとよく似たスイレンの庭を見ています。青いスイレンが見られなかったのは大変残念でした。17.5.29.撮影

次回は「花の庭」をアップします。
  1. 2017/05/31(水) 17:30:25|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
次のページ

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (53)
風景 (167)
花 (237)
旅行 (75)
紅葉 (73)
その他 (8)
行事 (33)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR