シクラメンのかおり

四季の花や風景を興味を持って写真を撮っていきたいと思っています

新緑の勧修寺

勧1

山門を入り、この門は中門。勧修寺は、醍醐天皇が、生母胤子の菩提寺として創建した。紫式部が、 胤子の父、藤原高藤の玄孫にあたることから、紫式部ゆかりの史跡とも言われている。


勧2

右側が↑の中門で入った寝殿の前。五月だと言うのに紅いもみじが目に入る。


勧2-1


勧2-2

新緑に囲まれたような観音堂。かつては、「望京楼」とも呼ばれ、出家した皇族がそこから景色を楽しんだそう。


勧3

青もみじも多い


勧4

紅もみじ


勧4-2


勧6

庭園の中心の「氷室池」にこのような立て札が


勧7

氷室池には、カキツバタやハナショウブやスイレンやハスが次々と咲きます。


勧8


かん9


勧12


勧13


勧14

ピンクのスイレンは小さいが可愛らしい。


勧15

藤棚には二種類の藤が咲いています。これは白い藤の花


勧16


勧17
藤色の長い藤の花 咲き過ぎ


勧19


勧20

望遠で、フジ棚越しに観音堂を望む


勧22


勧23


勧26

この日は子供の日でした。ツツジの美しい三室戸寺は連休中は人が多くて車も満車で入れません。平日になれば行きます。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/13(土) 15:45:44|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

梅宮大社の花風景 2

うめ1

藤棚の藤の花が咲いていました。


うめ2


うめ3


うめ4

丁度見頃のようです。


梅20

ナンジャモンジャの立て札


梅21

ナンジャモンジャの花


梅22

大きい木です。立て札がなければわかりません。


梅23

ナンジャモンジャの木の悦明


梅24


うめ6


うめ7

この花は何でしょう?ハナカイドウだそうです。   タニウツギ( 山小屋様より)


うめ9


うめ10
平戸つつじも美しい
うめ11

スイレンは白ばかり。


うめ12


うめ15

シャガの花も咲いていました。17.5.4.撮影
花の名前ハナカイドウをminoru様に教えて頂きました。タニウツギ  山小屋様 お二人ありがとうございました。
  1. 2017/05/08(月) 14:34:36|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

梅宮大社の五月風景

梅1

5月4日京都高島屋の地階できょうの味どころとして料亭が交代で担当する。私の学生時代の友達が 大女将の西陣魚信の女将からの電話で久しぶりに娘と上等のお昼を頂きました。時間が早かったので梅宮大社にバスで行きました。↑は梅宮大社の神苑の入口の門です。


梅2

新緑とつつじが美しい。梅の木がいっぱいある梅宮大社ですが今年初めて来ました。


梅3

ここの神苑も「東」「北」「西」に分かれています。最初の苑は、東神苑で咲耶池(さくやいけ)。桂川から水を引いて造られた二つの池の周囲には、二月の梅から六月まで、ツツジや杜若、ハナショウブなどの花が次々と咲き誇ります。


梅4

丁度水辺の花が咲き出しています。カキツバタでしょうか?


梅5

あやめでしょうか?


梅6


梅7

真っ赤なキリシマツツジ


梅10

薄いピンクの久留米ツツジでしょうか?


梅11

いつまでも見ていたい風景です。


梅12


梅14


梅16

ツツジの競演です。



藤の花も咲いていました。次回にします。17.5.4.撮影
  1. 2017/05/06(土) 21:49:17|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

17年京都の桜  平安神宮の紅枝垂れ桜

平1

前回の岡崎公園周辺の桜の続きです。良く晴れた空に平安神宮の応天門を入って眺めた大極殿と蒼龍楼.白虎楼


平4

待ちに待った平安神宮の紅しだれ桜の美しく咲いた状態です。4月14日です。↓のと同じ日です。


平8

神苑最初の南神苑の紅しだれ桜


平10


平13 青い空とピンクの桜のコラボは春が来たと言う感じです。


平15


南神苑は紅しだれ桜が殆どで順路を巡ります。


平17


平19

泰平閣(橋殿)を桜越しに撮るのが好きです。


平21


平22

山としだれ桜と泰平閣は如何でしょう?


平24

池の対岸のしだれ桜


平25平26


平27
  1. 2017/04/24(月) 16:31:53|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

17年京都の桜  醍醐寺伽藍の桜

が1

醍醐山の山上、上醍醐と麓の下醍醐に、多くの伽藍が並ぶ醍醐寺。二度目の拝観に訪れました。三日後です。 総門の前の紅枝垂れ桜は、前回よりも花がついていた。


が2

仁王門を入ると下醍醐の一角に聳える五重塔。春は桜をどのように入れて撮影するか楽しみです。この塔は京都最古の木造仏塔です。


が3

この塔は、16世紀末の二回の地震で傾き、放置されていた。それを修復させたのは、豊臣秀吉だったそうです。「醍醐の花見」の直前、塔は荘厳な姿を取り戻したそうです。


が6

この辺りは山桜や枝垂れ桜、ソメイヨシノとみんな満開で、風で花びらが散ってきています。


が7

色々な伽藍や桜を見ながら山道えお登って行くと朱塗りの弁天堂が見えてきました。


が8

弁天堂は、昭和五年、林泉の北東部に建立された。周囲は楓が多く、晩秋には池に架かる朱塗りの橋が紅葉に溶け込み参拝者の目を楽しませてくれる。


が9

弁天堂から池と桜と伽藍は美しい


が10


が12

弁天堂から再び下ってきます。この日は青い空がないのは淋しい。


が13


が14-2

この日は友達と二人で来ました。彼女は初めてなので伽藍の後三宝院へ。私は再度霊宝へ行きます。


が14

人の多いのも二枚撮ります。


が15

霊宝館では枝垂れ桜は葉っぱが出て来て八重桜が満開です。


が17

霊宝館では前に行っていない外周を回りました。


が18

外周でもソメイヨシノも満開の見頃です。


が19

大きい枝垂れ桜


が20

見事に満開です。今年は花が遅かったので10日でも見ることが出来ました。17.4.10.撮影 

次回は満開の平安神宮の紅枝垂れ桜をアップします。
  1. 2017/04/18(火) 17:49:14|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
次のページ

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (53)
風景 (167)
花 (236)
旅行 (75)
紅葉 (73)
その他 (8)
行事 (33)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR