FC2ブログ

シクラメンのかおり

四季の花や風景を興味を持って写真を撮っていきたいと思っています

秋色の京都府立植物園 1.コスモス他

1-978

 10月9日 鴨川の土手の桜の葉っぱが色づいてきました。


2-979

 ゆりかもめものんびりしています。


3-981


4-982

 振り返って賀茂大橋の方を見ます。


5-983

 これから府立植物園に入ろうと思います。


6-986


7-989

 府立植物園に入りました。


8-990


9-991


10-994

 コスモスが終わりに近いのに満開です。

11-996 <BR>

1-999 <BR>

2-1000 <BR>

3-1003 <BR>

4-1006 <BR>

5-1007 <R>

6-1010


7-1019<>
8-1025


1030
スポンサーサイト



  1. 2019/11/10(日) 16:39:45|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

再び嵯峨野へ 正覚寺

1-874

 11月4日(月)三連休の最後の日です。再度嵯峨野へ行くことにしました。スマホで調べていたので、 思い切って電話しました。住職が丁寧に対応してくださり、「落柿舎まで来られたら電話してください」

2-881
 落柿舎の人にもお礼を述べました。又歩いて行きます。


3-891

 正覚寺は現在門の屋根を修理しているのでわかりにくいらしい。


4-898

 この辺りは前の日も歩きました。すぐ近くの人でも知らないという人もいました。


6-910


7-911


8-913


9-914

ムラサキシキブがたくさん実をつけています。門が修理で見えなかったけど着いたようです。電話を掛けたら住職が出て来てくださいました


3-938


4-939


5-943

 私が正覚寺を知ったのは、ブログ仲間の地理佐渡さんの10月31日の「ムラサキシキブ」のブログのウイキペデイアの分布の所で「京都嵯峨野の正覚寺が有名である」と言う記事を見たからです。


6944

 住職が門を開けて中へ入れてくださいました。観光寺院ではないので門は閉まっています。


915

 ツワブキの花がたくさん


935

 私も家でもぎたてのみかんをお土産 に持ってきました。


918

もみじの木がたくさん「 もう少ししたら紅葉します。又来てください」と


紅葉

 門の屋根が直っていればこのような風景が見られます。最初見つかっていれば住職とお会いすることもなかったけどご縁ができありがとうございました。

追伸 この記事を初めてごらんになった方は一つ前の記事から読んでください。
  1. 2019/11/07(木) 22:04:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:10

嵯峨野を散策  正覚寺を探して

1-961

 嵯峨嵐山 トロッコ嵐山駅です。


2-961

友人と二人で SLの機関車を見てぶらぶら歩きます。


1-830

 ここは竹林の道です。


2-832

 最近人力車が増えました。


3-833
 踏切りを列車が通過していきます。


4-^834
 外人さんが多いです。前をちょっと失礼します。


5-836


8-843

 花を撮ったり可愛い焼き物を見たり


9-844


10-851


11-855

 嵯峨野ののどかな田園風景の中に佇む、知らなかったら通り過ぎるような建物。ここは落柿舎。松尾芭蕉の弟子の向井去来の結んだ草庵跡。実は今日の目当ては「ムラサキシキブで有名な「正覚寺」を探すことでした。受付の人に訊ねました。ここから近いとのことでした。 12-856

 落柿舎 小さな門越しに中をのぞくと、戸口横の壁にかかった蓑と笠。


13-859

落柿舎から近いとのことでしたが、又正覚寺がわかりません。ほかの人にも訊ねましたが。


14-860

 このような細い道を歩いて行きます。ススキも風情があります。


15-862

 可愛い小さな地蔵様です。結局正覚寺わからず。


16-863

 渡月橋まで歩きました。再度出なおすことにして家路につくことにしました。明日から三連休で嵐山界隈はすごい人出になるでしょう。01.11.01.
  1. 2019/11/05(火) 21:11:16|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

時代祭  2.中世婦人列~鎌倉.平安時代



牛

牛車 
1-679
行列は進み広い意味で中世と呼ばれるのは平安時代後半から桃山時代に至る時代をさす。


2-681

本列には、歴史上の人物だけでなく、職業集団とも言える大原女(おはらめ)も


3-686

 桂女(かつらめ)  洛西の桂から、鮎や飴を売り出したり


5-684

 淀君 太閤秀吉の側室 秀頼の実母


6-687


7-688

 藤原為家の室


8-689


9-690

 静 御前


10-691


11-692


12-693


13-694


14-697

15-698

 藤原時代


19-699


20-703

 常盤御前 源 義朝の側室


21-704

 常盤御前  義朝が平治の乱で戦死の後、子供たちの助命w清盛に乞うため、雪の中を六原に向かう外出姿


22-705

 清少納言と紫式部


DSC00707.jpg

 小野小町
DSC00709.jpg

  右 和気広虫  左 巴 御前 木曽義仲の愛妾


27-712

 百済王明信

 行列は、明治維新から平安時代へ遡るので構成されおよそ2000余名の大行列となっています。御所から平安神宮をめざしての行進です。01.10.26.撮影

  1. 2019/10/30(水) 21:46:09|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

時代祭  歴史絵巻 1.

1-593

 京都三大祭りの一つ、時代祭が26日に京都市内で催された。令和に改元されて初めてとなる今回は、天皇陛下の 即位礼を避けて例年の22日から変更された。今年初めて京都御所の有料席当日券を2500円で買って見ることにしました。最初は勤皇隊列


2-594

 ピーヒャララ、ピーヒャララの音色に合わせての行進


3-595


4-596


5-597


6-603

 「錦」の御旗」を掲げて鼓笛を奏でる維新勤皇隊を先頭に、維新志士の行列が続く。


7-605


8-606


9-613

 城使の駕篭  本体城使は駕篭に乗っているが時代祭では騎馬である。


10-614


11-616
 江戸時代婦人列  和宮  公武合体のため14代将軍徳川家茂に降臨された。


12-618

 太田垣連月  江戸末期の女流歌人で、後に尼となり連月と称した。


13-620

 玉欄  お梶の孫にあたり、江戸時代の有名な画家。

15-624

 梶 元禄時代の歌人で、祇園で茶店を営む実業家でもあった。


16-626

 吉野大夫


18-628

 出雲の阿国  

御所の有料席で見られてよかったです。次回につづく 01.10.26.撮影
  1. 2019/10/26(土) 21:43:21|
  2. 行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
次のページ

プロフィール

シクラメンのかおり

Author:シクラメンのかおり
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (61)
風景 (198)
花 (295)
旅行 (104)
紅葉 (88)
その他 (12)
行事 (60)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR